11399328 - solar power station top view

プラットフォーム会社

RCPが管理する一連のファンドは、再生可能エネルギーIPPプラットフォーム会社(「プラットフォーム会社」)を通じて東南アジアで再生可能エネルギー発電を開発するための専用ファンドである。

再生可能エネルギー発電に対する魅力的な投資リターンは、その規模が一定以上にならないと到達できないことを理解している。私たちの戦略は、現在保有している6GWのアクティブなパイプラインのスケールケーパビリティを活用することである。

現在のパイプラインは、(i)2 GWのハイブリッド太陽光発電、(ii)2 GWの大規模太陽光発電、及び(iii)2GWの屋上太陽光発電で構成されている。そのパイプライン全体は、遅くとも2025年末までに完全に稼働する予定である。

Project

ハイブリッド太陽光発電

 

ハイブリッド太陽光発電プロジェクトは、ジャワ島外に所在しており、各プロジェクトのサイズが10MW未満、計2GWを構成するプロジェクトである。その太陽光発電は、インドネシア国有電力会社PLNが所有または賃貸している既存のディーゼル発電と組み合わされている。

インドネシアは世界最大の島国であり、この地理的特性により、現在非主要な島々ではディーゼル発電に依存しており、インドネシア全土を電化する責任を負っているPLNは、高い発電コストを負担している。したがって、プラットフォーム会社としてハイブリッド太陽光発電を提供する価値は、非主要な島々でのPLNの発電コストを大幅に削減することである

 

124708078_m

一連のファンド

Renewable ASEAN Fund Iまたは「RAF I」は、RCPが管理する1号ファンドである。このセグメントは3つのセグメントの中で最も進歩しているハイブリッド太陽光発電のセグメントの開発に充てられる予定である。

このファンドでは、インドネシア全土のジャワ島外の125ヶ所以上のサイトに所在している、800MWから1GWの太陽光発電所を開発することが可能。

RENEWABLE

CAPITAL PARTNERS

Copyright © 2020 Renewable Capital Partners, Co. Ltd.

お問い合わせ

Investor-relation@rcp-capital.com 

登録事務所

4th Floor, Harbour Place, 103 South Church Street, Grand Cayman, KY1-1002, Cayman Islands

インドネシア事務所

Graha Iskandarsyah Level 2, Jl. Iskandarsyah Raya No. 66C Jakarta 12160, Indonesia